自然な仕上がりで二重まぶたを手に入れられると人気の「ローヤルプチアイム」。

ローヤルプチアイムは、まぶたを接着させない二重形成アイテム。
独自のストレッチエッセンスによって人工膜を作り、塗った部分と塗られていない部分が栄目になって折り込まれ、自然な二重ができるという仕組みです。

このストレッチエッセンスは、柔軟性があるので、ツレや圧迫感、重苦しい感じなどがなく、まぶたが自然に閉じます。

なので、従来のまぶたを接着剤で無理やり貼り付けていたタイプにありがちだった、まぶたが閉まらないことから発生するドライアイの悩みも解消できます。

しかし、ドライアイは解消できても、きちんと使いこなせないと肝心の二重になかなかなれません。
なので、ローヤルプチアイムを正しい使い方で上手に使いこなしましょう。

ローヤルプチアイムの使い方の手順とコツ

ローヤルプチアイムの正しい使い方やコツをご紹介します。
正しく使う事で、自然な二重を作ることができそれを長時間キープできますよ。

メイク後に使う

従来の接着式のアイプチは、メイクを始める前に二重に貼り付けるタイプのものが多いです。

しかし、ローヤルプチアイムでは基礎化粧品、ファンデーション、アイシャドウを終わらせた「メイク後」に使用します。
そうすることで直接肌に触れずに済むので、肌に負担をかけずに使用することができるのです。

ただし、マスカラは、ローヤルプチアイムの使用後に塗りましょう。

ローヤルプチアイムの正しい使い方

Step1: 鏡を胸もとの低い位置に設置する。
Step2: 頭を後ろに倒し、あごを前に突き出す。
Step3: 視線を鏡に落とし、下を見るようにする。
そうすると、まぶたの皮が伸びた状態になります。
Step4: まつげの生え際から、自分が希望する二重のラインまで液を置くように塗る。
Step5: 塗った液を乾燥させる。
そうすると、乾燥した成分が皮膜となります。
Step6: 乳白色の液が透明に変わってきたら、指先でまぶたを軽く押さえてさらに乾かす。
べたつきが無くなるまでしっかりと乾かしましょう。
Step7: 液が完全に乾いたら、ティッシュや綿棒などを使い、液を塗ったところを軽くなじませる。
ツヤやテカリを抑えて自然な仕上がりにします。
Step8: あごを引いて顔を下に向け、目だけでゆっくり視線を上げ、目を大きく開く。
収縮して段差になったところからまぶたが折りこまれ、自然な二重が出来上がります。

従来の接着タイプのものとは違って、スティックは基本的には使用しません。
しかし、希望の二重に近づけるためにスティックを使用しても大丈夫ですよ。

また、使い方で、乾かすときにドライヤーを使うという方法もあります。
その際は、くれぐれも火傷にご注意くださいね。
また、ドライヤーを当てることで、ドライアイになってしまう可能性もあります。
なので、なるべく短時間にしたほうが良いです。

ローヤルプチアイムは二重の幅によって塗り方が違う!

ローヤルプチアイムを使う際は、自分のまぶたの状態や、希望する二重の幅によって液の塗り方を変えます。

一重の人が二重を作る場合

一重の方が二重を作る場合は、液を塗る幅を1/3までと決めます。
それ以上、上にまで塗ってしまうと、上に重なるまぶたがなくなり、二重になりにくくなってしまいます。

そして、睫毛ぎりぎりのラインに液を塗ってください。
さらに二重の幅を広げたい場合は、一度乾いてから、始めに塗った液よりさらに上に液を塗ってください。

奥二重をくっきりした二重にしたい場合

奥二重をくっきりした二重にしたい場合も、液を塗る幅をまぶたの1/3までの幅とします。
そして、もともとある奥二重のラインに液を塗ると、今あるラインよりも上の位置に二重を作ることができ、二重がくっきりします。

さらにくっきりさせたい場合は、液が乾いてから、もとある奥二重のラインに塗った液より、さらに上に液を塗ってください。

二重をよりパッチリしたい場合

二重をよりパッチリしたい場合も、液を塗る幅は1/3です。
もともとある二重のラインに液を塗ることで、はっきりした二重に仕上がります。

目じりや下垂したまぶたをハッキリさせたい場合

目じりや下垂したまぶたをハッキリさせたい場合は、下垂しているポイントを中心にアイムを塗ります。
目じり側は二重にしたいラインや、二重のラインより、幅を持たせて塗るのがポイントです。

あとがき

ローヤルプチアイムは、メイク後に使うという点、まぶたを接着させないという点が、他の二重形成アイテムとは違う特徴です。

そして、ローヤルプチアイムのコツは、目の形や、希望の二重の幅に応じて塗り方を変えるということ。
そうすることで、より自然な仕上がりになります。

接着させない二重アイテムで、自然なまばたきができると話題のローヤルプチアイム。
上手に使って、皆さんが理想とする二重を作ってくださいね。

●自然な二重を作るならナイトアイボーテもおススメ
ナイトアイボーテは、夜、寝ている間に二重のクセをつけ翌朝に二重が完成しているという二重形成アイテムです。
なので、昼間はなにも着けずに、自然な二重で過ごす事ができますよ。

そして、毎日使い続けることで、なにも着けなくても一重に戻ってしまう事がない本物の二重を手に入れることができます。

本物の二重を手に入れたい!という方は、ナイトアイボーテも併せて検討してみてはいかがでしょうか。

⇒ナイトアイボーテの公式サイトはこちら

スポンサーリンク